2009年07月16日

ウォーターサーバー電気代、安いのはどこ?

ウォーターサーバーレンタル無料!

などと書いてある業者はよくみますが、

月々の電気代までは無料になりません。

では、ウォーターサーバーの電気代、いくらくらいかかるのか??

ウォーターサーバー各社のサイト情報からリサーチすると

最も多いのが「家庭用電気ポットとほぼ同じ」という記載。

つまり、1ヶ月に800円〜1000円程度というのが多いです。

その次に多い記載が「家庭用電気ポットの半分」という記載。

---------------------------
・クリスタルクリアウォーターズ…1ヶ月あたり約800円以下
・アクアジャパン…1ヶ月あたり約900円(1日30円の表記あり)
・アルピナウォーター…「家庭用電気ポットの半分以下」の記載のみ
・ウォーターサーバー.com…「家庭用電気ポットの半分以下」の記載のみ
---------------------------

※引用【宅配水&レンタルウォーターサーバー比較

ただ、機械の消費電力とか見ると、他社と同じだったりするので

「家庭用電気ポット」の電気代の認識によるものかもしれません。

そんな状況のなかで、「驚異的!」とも言える省エネウォーターサーバーが

Mizの樹」というウォーターサーバー。

特許取得の新式を採用しているとかで、

電気代はなんと1ヶ月約93円

これは「ケタ違い」の「ダントツ」数値です。

セットされる宅配水は「阿蘇山のバナジウム天然水」。

この「阿蘇山のバナジウム天然水」という宅配水、価格は「ダントツに安い」わけではないのですが、「電気代」や「メンテナンス費無料」などとの合わせ技ならば、トータルコストでもかなりオススメかも。

ということで、「Mizの樹」…入れ替え客も少なくないそうです。

posted by みずりん at 10:52| ウォーターサーバーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

業務用の冷水器

学校や図書館など、公共の建物には、ボタンを押したり、足でペダルを踏んだりすると、冷たい水が飲めるという冷水器

をあちこちで見かけます。
冷水器は、別名ウォータークーラーとも呼ばれます。
ただで冷たくておいしい水が飲める冷水器は、利用者に喜ばれていますね。




冷水器の水は、普通の水よりもずっとおいしく感じられますが、冷水器の水も、実は水道水が用いられています。
水は、冷たければ、それだけおいしくなるということです。

冷水器の水は、専用のフィルターを通していますので、適切な管理がなされていれば、衛生面でも問題ありません。
冷水器を設置する際には、管理責任者を定めることが義務付けられています。
常に清潔でおいしい水が飲めるように、月1回の割合で冷却タンクを洗浄することが定められています。

フィルターも長年使っていると、ろ過する能力も落ちてくるので、定期的に交換することが義務付けられています。
さらに、年1回は、整備点検を行い、水質検査もすることが定められていて、いつでも安全でおいしい水が飲めるようになっているのです。

冷水器本体の価格は、20万円前後というのが相場であるようです。
例えば、東芝製の冷水器で、本体価格が168,000円、工事費は別途で、専用フィルターなどの消耗品は別売りになっています。
冷水器本体を購入する以外にも、リースやレンタルで、冷水器を提供している業者もあり、各社のインターネットのホームページなどを参考に、比較検討してみることをおすすめします。


----------------------
ウォーターサーバー購入ガイド
アルピナウォーター 宅配水
アクアクララ・キャンペーン
posted by みずりん at 18:10| ウォーターサーバーコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。